未病

肩こり知らず?

肩がパンパンに硬いにもかかわらず「肩凝り」を感じたことがない。という方に時々お会いします。「それは何よりですsign01lovely」っと言ってあげたい所なのですが、その感じ方ちょっぴりかもしれませんよ。

私たちは様々なストレスを受けると

(①警告反応期)

 体温、血圧が下がり筋肉の緊張や神経系の活動が抑制され、体の機能が低下します。次に体温や血圧が上がりストレスに抵抗punchする態勢が整います。

(②抵抗期)

 更にストレスに対する抵抗を続けていくと、やがて抵抗力punchが最大の状態upwardrightになります。

(③被幣期)

 その抵抗期punchが慢性的に長く続くと、それまで頑張っていた抵抗力(自然治 癒力)が使い果たされ、心身の機能が衰え、様々な障害が現れます。 また逆に一切の反応が起こらなくなることもあります。

 

例えば肩凝りを感じないなど③疲弊期一切の反応が起こらなくなる側の状態であることが多く、凝りや痛みなどに鈍感になってしまった重症の可能性があるかもしれないのです。

鈍感になる可能性があるのは肩ばかりではありません。人によっては、背中や足であったり、また似たようなことが心heart03などでも起こりうるのです。

ご自分の心と体からのサインに早めに気付いてあげたいものですね。

|

軽視しがちな 「未病」

未病を放置せず、病気に進ませないsign01これは東洋医学の根本的な考え方です。

私が理想とした手技整体もその考えに基づいたもので、未病に対応できる素晴らしい療法だと思います。「痛い!辛い!苦しい!」と困っている方々のお手伝いをさせていただいて、「楽になった。ありがとうsun」と声を掛けていただいた時は疲れもふっ飛んでしまうくらい、「うれしーいlovely」ものです。

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆  しかし、未病は多くの人にとって以外に根が深いことが多く、長い時間をかけて改善しなくてはならない場合が少なくありません。数回の施術で表面上の症状が消えて楽になったからと言っても、その後再発したり別な所に症状が出たりと、根本的な解決になっていない事が多いのが現状だと思いますdanger       ━━━☆・‥…━━━☆                

未病を軽視せず、日常から疲れを解消する積極的な癒し習慣化することが未病の重症化をさける一番の近道だと思います。

カリスマを手元に置くと言うことは、氣になる時に、氣になる箇所を手軽に手当てが出来るので疲れを溜めず、未病の重症化を避けられる可能性が大きくなる・・と言うことです。

 notesshine単純なことなんですけどねー!shinenotes

|

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき | 未病